ストレッチ 体験談

姿勢改善ストレッチ!

ストレッチ1
私は側弯症と猫背のため姿勢が悪く、
元気がないように見えると言われていました。
そこで、骨盤矯正のストレッチ2種類、
猫背改善ストレッチ1種類を2週間試してみました。

すると周りからは若々しく背が伸びたように
見えると言われるほどに改善しました!

 

まず、骨盤矯正のストレッチを紹介します。
一つ目は、腰を回す運動です。
腰の高さ程度のテーブルに手をつき、
大きく腰を回していきます。
フラフープを回す感覚で、左右30回ずつ
くらいやります。
二つ目は仰向けに寝転び、上半身は天井を
向いたまま脚を大きくクロスさせます。
左右30秒ずつくらいやります。腰だけ
右または左を向いている状態をキープします。

 

この二つ目で骨盤矯正のストレッチは終了です。

 

猫背改善ストレッチは、うつ伏せに寝て
足首を掴み体全体を逸らす運動です。
ヨガでもこのようなポーズがあった気がします。
キープするのが結構つらいのですが、できる範囲で
休みながら1分程度続けます。

 

あとは頭から筋が通っているような感覚でまっすぐ立ち、
鏡の前で骨盤が曲がっていないかなど確認します。
自然にしていても、ストレッチをして改めて姿勢を鏡の前で
見直してみるだけでも変化があるのではないかと思います。

 

音楽を聴きながらできるので、楽しみながら続けています。

腹筋を短時間で鍛える

腹筋をつけるのは、通常の腹筋運動よりも、小さい腹筋運動の方が効果があるようです。
仰向けになって、少しだけ上半身を上げます。
それを10回くらい行うだけでも、かなり腹筋力を使うことがわかります。

 

これはとても簡単なのですが、腹筋をつけるのには効果が高い方法だと思います。
布団の中でも、上でもできます。
朝起きてからや、寝る前にちょこっとやるだけでも、効果が期待できます。

 

特に腰痛持ちの人は、完全に起き上がるまで腹筋を行うと、腰への負担が大きく、腰を痛めてしまうことがあります。
しかし、この方法なら、腰への負担も少なく、腹筋だけを鍛えることができます。

 

筋肉のついた、きれいなお腹を作るには、このストレッチは効果的だと思います。
これから、なにかと暴飲暴食をする機会が増えます。
気が付くと、お腹がポッコリ、なんてことになってしまうかもしれません。

 

腹筋をつけると、腹筋が無い時と同じ量を食べたり、飲んだりしても太りにくい身体になっていきます。
ですから、この運動を毎日少しずつ行っていけば、ポッコリお腹にならずにすむかもしれませんね。

ダンベルで腕の筋肉をつける

ダンベルを使った運動は、上半身に筋肉をつけるのに、とても有効だと思います。
ダンベルを持って、腕を肩と同じ高さに伸ばして、そのまま真横に移動します。
この運動は、初めはかなりキツイかもしれませんが、腕に筋肉が付く効果的なストレッチだと思います。

 

肩甲骨や上腕二頭筋などが鍛えられる他、背筋などにも効果があります。
凝り固まった筋肉をほぐし、さらに筋肉を付けることができます。

 

初めは10回程度でかなりキツイと感じるかもしれません。
しかし、慣れてくると、20回、30回とできるようになってきます。

 

普段の生活の中で、腕や肩甲骨を回したり、動かしたりする機会は少ないかもしれません。
負荷をつけて、腕のストレッチを行うことにより、より効果が高まります。

 

肩や背中は、重たい頭を支える大切な役目を担っています。
肩や背中の筋肉が落ちてくると、頭を十分に支えられなくなり、身体に不調がでてきてしまい、障害が生じてきます。

 

このダンベル運動で、肩や背中、そして腕の筋肉を付け、さらに余分な脂肪は落としてしまいたいものです。
そして日々、健康な生活を送るために、身体作りを目指していきたいものです。
ストレッチ2

ストレッチでバストアップ効果も!

ストレッチの上半身の行為の多くは、実はバストアップにもつながる効果が高く、女性の多くは
ストレッチでバストアップをトレーニングしている人も多いようです。また併用してサプリなんかも摂取しています。

 

参考 バストアップ サプリ